トップページ >  美白石鹸の基礎知識 >  シミとソバカスの違いは?

毛穴の黒ずみ対策とシミ・ソバカスにいい洗顔石鹸

毛穴の黒ずみは洗顔が大事

毛穴ケア 美肌にしていくためには、欠かすことはできないのは毛穴のケアです。 毛穴が汚かったら、あなたがいくら他の部分をきれいにしていても美顔にはなれないのです。 毛穴の黒ずみのお悩みを抱えている方はたくさんいます。

ではどんな毛穴ケアが望ましいのでしょうか。毛穴が黒ずむ理由や正しい毛穴ケアのやり方をまとめてみました。

毛穴の黒ずみはどうして出来るのか?

 毛穴の汚れはなぜ出来るのでしょうか?それは、毛穴から分泌される皮脂や汗が原因です。皮脂は毛穴に詰まると酸化してしまい、黒くなります。これが毛穴が黒く目立ってしまう原因です。また、汗も毛穴に詰まると、皮脂と同じように参加してしまい、毛穴が黒く目立ってしまうのです。その他にも、埃やファンデーションの落とし残しがあると毛穴に詰まって酸化してしまいます。

 「毛穴が詰まって黒ずみになるのなら、皮脂も汗も必要ないのでは?」と思ってしまうかもしれません。しかし、皮脂は肌を乾燥を守るために分泌され、汗は体温を調節するという大事な役目があるのです。邪見にせず、上手に皮脂や汗と付き合えるようになることが大切です。


毛穴が詰まったら洗顔しましょう

毛穴と洗顔  毛穴の黒ずみが目立つときは、洗顔をしましょう。毛穴の黒ずみは汚れなので、洗顔をして落とす必要があるのです。もしそのまま放置してしまうと、ニキビや肌のざらつきに繋がります。洗顔はきちんとしていきましょう。

 洗顔は毛穴の黒ずみを綺麗にするために最適です。顔も綺麗になりますし、毛穴も綺麗になるのですから一石二鳥ですよね。

 洗顔をするときは、泡で洗うようにすると毛穴の黒ずみが綺麗に取れますよ。泡はもっちりと弾力のある泡を作ってください。手で作ることは難しいので、泡立ちネットを使うと簡単に弾力のある泡を作ることが出来ます。

 作った泡は手の平で転がすように洗ってください。手で直接肌に触れるように洗うことはダメです。泡の力だけで洗うようにしましょう。毛穴の汚れが浮いて泡に包み込まれるので、毛穴の黒ずみが綺麗に落ちますよ。


泡洗顔ではないといけない理由

 洗顔をするとき、どんな洗顔フォームを使っていますか?主流は泡立つ洗顔フォームですが、ときどき泥洗顔やふき取るだけの洗顔シートが売られています。しかし、これらのものは泡洗顔に比べて毛穴の汚れは取りにくいのです。

 泡洗顔はミクロの泡が毛穴の奥まで入り込むことが出来ます。そのおかげで毛穴の汚れを掻き出すことが出来るのです。しかし、泥洗顔や洗顔シートはそこまで細かい洗顔料ではないので、毛穴の汚れを掻き出すことが出来ないのです。

 毛穴の黒ずみを綺麗にすることを目的とするなら、きめの細かい弾力のある泡を使って洗顔しましょう。


毛穴の黒ずみを綺麗にする洗顔方法

 毛穴の黒ずみは、洗顔をただするだけでは落ちないことがあります。目立った毛穴は恥ずかしいですし、メイクをするのも楽しくないですよね?

 毛穴の黒ずみを洗顔フォームで綺麗にするためには、きちんと洗顔する前にメイク落としでメイクを落としましょう。ファンデーションやマスカラがウォータープルーフの場合、洗顔フォームで洗うだけでは毛穴の黒ずみが綺麗に落ちないのです。メイク落としを使ってメイクを落とした後、洗顔フォームで改めて落とすようにしましょう。

 ナチュラルメイクの場合はミルクタイプのメイク落としを使うようにして、ウォータープルーフのメイクをしたときはオイルタイプのメイク落としを使ってみましょう。


毛穴を黒ずみを綺麗にする裏技その1


 毛穴の汚れをもっと綺麗にするための裏技があります。それは、「ホットタオル」です。

 ホットタオルは、タオルを水で濡らして硬く絞り、レンジで30秒ほど温めてください。温められたらそのタオルを顔に乗せてください。しばらく乗せた後でいつもどおりの洗顔をしてください。

 こうすると、ホットタオルの温かさで毛穴が開き、毛穴の黒ずみを洗顔で落としやすくなります。


毛穴を黒ずみを綺麗にする裏技その2

 毛穴の汚れを落とす裏技は他にもあります。毛穴の汚れを剥がすタイプのパックで取り除く方法です。

 市販されているパックシートを肌に乗せます。パックの使用時間が終わったらパックを剥がしてください。毛穴の汚れが綺麗にパックにつきます。その後は洗顔料でパックをした後の肌を洗いましょう。汚れが毛穴から消えた分だけ洗顔の泡も届きやすくなるので、より毛穴の黒ずみが綺麗になります。


シミとソバカスの違いまとめ

シミとソバカスの違いは?
女性のお肌のトラブルでよくあるのは、シミとソバカスです。
シミもソバカスもお肌にぶつぶつのようにできてしまうので、美肌を考えたら気になるものです。

シミとソバカスには、どんな違いがあるのでしょうか?


そばかすは先天的なもの

そばかすといえば顔の鼻や頬のあたりに点々と現れる細かな症状で、この原因となっているのが遺伝的なものが大きなものとなっています。

その為自分の親にそばかすがあればその影響を受けて自分自身にもそばかすが現れる可能性が極めて高いと言えます。

先天的な要因によるところが強いため、なかなかそばかすを防止するということが難しいのが現状です。

小学生や中学生が、ソバカスに悩んでいることもあります。 ソバカスは遺伝的に持って生まれたお肌の質でできることが多いですから、親や姉妹がソバカスだったら、自分も遺伝からなることがあるかもしれません。また、日本人に比べてお肌が白い欧米人は、ソバカスができている子が多いと言われています。

自分の家系にそばかすがある人がいなければ、自分にそばかすが出来る可能性も低くなりますが、それ以外にも要因があるので家系にそばかすの人がいなくても100%大丈夫というわけでもありません。


シミは後天的なもの

シミの場合、長年の間肌に蓄積されたダメージなどが原因になることが多く、特に30代を過ぎた女性に良く現れます。

紫外線肌への継続的な刺激ホルモンバランスの乱れなどもシミを作る大きな要因となります。

その為紫外線や刺激、ホルモンバランスの乱れに繋がるストレスなどを受けていなければシミが出来難い環境ということになりますし、逆に紫外線や肌へのダメージを全く対策していない場合にはシミがどんどん増えてしまうことにもなります。種類も様々で、老人性色素斑、肝斑、太田母斑などが有名です。


そばかすは若い時から出てくる

そばかすに関しては先天的な遺伝によるもののため、年齢が若いうちに顔に現れることが多く、特に子供のころから鼻や頬のあたりに細かく点在して現れ始めることになります。

このそばかすは一度現れると簡単には消えませんが、年齢と共に徐々に薄くなることもあります。

特に色の白い人に現れやすいのも特徴で、これは色が白ければ白いほど肌への紫外線の影響が強く表れるためで、それを体が防御しようとしてそばかすが現れることになります。

その為日本人よりも色の白い欧米人のほうがそばかすが多いわけです。


シミは齢を経てから出てくる

シミは肌へのダメージの蓄積により現れる症状ですので、そばかすとは違い若い間はまず現れることが無いものです。

しかし若いうちから紫外線などを大量に浴び続ける生活を行っていた場合、30代頃から一気にシミが増えることになります。

このシミは顔だけでなく体にも現れますので、アカ頻繁に海など紫外線の強い場所に通っていた人や、日焼けサロンなどで紫外線を浴び続けていた人は年齢を経た時点でシミが急激に増加する恐れもあります。

そばかすのように点々と現れるのではなく、大きな斑点として現れるのもシミの特徴ですので、シミが増えるととても目立つことになります。


シミとそばかすが増える元はメラニン

シミとそばかすは似て非なるものであり、その原因も全く異なっています。

しかしそばかすもシミもその要因となるのはメラニンと呼ばれる肌内部の色素が影響するものですので、原因は異なりますがシミやそばかすを作り出しているのはメラニンという同じ物質であることが言えます。

このメラニン色素は色素沈着という形で肌へ残ることでシミやそばかすを作り出しますので、肌からその色素沈着を取り除くことが出来ればシミもそばかすも薄くすることが出来ます。

その為原因が異なるシミやそばかすですが、対策に関しては同じ方法で取り除くことと増やさないようにすることが出来ます。


どちらも紫外線対策が重要

シミやそばかすに大きな影響を与えるのが紫外線で、そばかすの場合は紫外線防御機能により肌に現れるものですし、シミに関しては紫外線を浴びすぎたことで現れることが多いものです。

その為どちらの場合もいかに紫外線を浴びないように対策を行えるかがシミやそばかすを増やさないことに繋がるわけです。

そばかすの場合一度肌に現れた後紫外線を浴び続けていると、そばかす自体が濃くなってしまいますし、シミに関しても紫外線を浴びれば浴びるほどその濃さも大きさも変化することになります。

そうならないためには日頃から紫外線をカットできる衣類や化粧品などを使用することと、紫外線を浴びた後のケアを怠らないと言うことが非常に重要になります。

毎日のケアで、肌のターンオーバーの促進やメラニン抑制、抗酸化などの作用がある基礎化粧品を使うことがおすすめです。

それとシミもそばかすもホルモンバランスの乱れが起きると、肌のターンオーバーが上手くいかなくなり薄くすることが出来ませんので、規則正しい生活を心がけることも重要になります。


シミにいい洗顔石鹸ってどんなの?

シミ対策の石鹸 女性のお肌のお悩みで、多くの方々にあるのはシミです。 頬やおでこや口元、目元、顔には年中シミができます。 シミができた時には、そのまま放置したらシミが深く濃くなるので、早めにケアーをやってきれいなお肌にしましょう。

シミのケア―にいいのは、洗顔石鹸です。しかしどんな石鹸が効果があるのかいまいちピンとこないかたも多いでしょう。以下ではシミを解消する成分についてまとめてみたのでよかったら参考にしてくださいね。

メラニン色素の生成を命令する情報伝達物質を阻害する成分を有していること

シミに対して効果を期待するためには、その洗顔石鹸がメラニン色素の産生に関わっている情報伝達物質の働きを阻害する必要があるとされています。そこで有効であるとされているのは、情報伝達物質であるエンドセリンの働きを阻害するトラネキサム酸やカミツレエキスを含有している洗顔石鹸です。継続的に使用することでシミを薄くすることが期待されます。

また正しい洗顔方法を行うことが重要であるとされており、力任せにゴシゴシと洗顔することは絶対に避けるようにしなければなりません。なるべく泡立ちのよい洗顔石鹸を選ぶことが重要であり、たっぷりと泡立てた泡を利用して優しく洗顔することがコツです。


チロシナーゼが有している機能を減少させる成分を含んでいること

お肌に存在しているチロシナーゼがメラニン色素の産生に大きく関わっているとされていますので、このチロシナーゼの機能を減少させる成分を含有している洗顔料を選択するべきであるとされています。

ちなみに具体的にはビタミンC誘導体やプラセンタエキスおよびコウジ酸やアルブチン、ルシノールが該当する成分であると考えられております。つまりこれらの成分を複数すくんでいる洗顔石鹸を使用することによりまして、シミを薄くする効果を期待することができるとされております。


チロシナーゼ自体を減少させる成分を含有していること

チロシナーゼは酸化酵素であり、メラニン色素を黒色メラニンへと変化させてしまう機能を有しているのであります。この黒色メラニンの増加状態がシミの正体です。

シミを軽減させるためにはお肌の中に存在しているチロシナーゼの量を減少させる必要があるとされております。そしてこのチロシナーゼを減少させる成分として期待されているのがリノール酸であり、この成分を含有している洗顔石鹸を使用することでシミを軽減させることができるとされているのであります。


新陳代謝を促進させる成分を含有していること

お肌のターンオーバー周期が乱れることにより、シミが目立つようになってしまっているケースが多数報告されております。そこで有効とされているのはお肌のターンオーバー周期を正常化させることであり、お肌の新陳代謝を促進させることで改善効果を期待することができるとされております。

ちなみにお肌の新陳代謝を促進させる成分として代表的な成分とされているのがAHAフルーツ酸であり、この成分を含有している洗顔石鹸や化粧水を使用することでお肌のターンオーバー周期を正常化させることができるとされているのであります。

またスクラブ石鹸もお肌のターンオーバー周期に対して良い効果を有していると考えられているのですが、十分に泡立てて優しく洗顔するようにしなければお肌の表面を傷つけてしまうことになりますので、注意深く洗顔する必要があるとされているのです。


血行を促進させる成分が含まれていること

お肌のターンオーバー周期を正常化させるためには、血行の促進が重要であると考えられております。そこで血行促進に対して効果的であるとされているのがプラセンタエキスやビタミンEであり、これらの成分を含んだ洗顔石鹸を使用して正しい洗顔を行うことにより、シミが薄くなる効果を期待することができるのであります。

またこれらの成分に関してはサプリメントによる摂取も効果的であるとされていますので、洗顔と同時に継続的な摂取を心がけたいものなのであります。


イソフラボンを含有していること

豆腐とイソフラボン 新陳代謝を促進する効果や女性ホルモンを補う効果を有しているとされているのがイソフラボンであり、この成分を含有している洗顔石鹸はシミに対する効果が大きいと様々なメディアにて報告されております。

この成分に関しては普段の食習慣におきましても意識する必要があるとされており、洗顔石鹸のみならずサプリメントとして摂取する方法も効果的であるとされております。


美白に効果的な石鹸の選び方

白く美しい肌を手に入れるためには美白石鹸によるケアが大変効果的です。しかし美白効果を謳った石鹸は星の数ほど売られていてどれを選べば良いのか迷ってしまいますよね。美白石鹸を選ぶ際にはいくつかポイントがあります。

まずは洗顔成分に気をつけましょう。肌を傷つけてしまう成分を使用している石鹸を利用すると肌がボロボロになってしまい、化粧の乗りも格段に悪くなります。肌によい洗顔成分を使用しているものが石鹸選びにおける最低ラインだと考えましょう。

加えて美白成分にも注意してみましょう。肌に優しい洗顔成分に加えて美白成分も入っているものを選ぶと高い効果を得られるでしょう。特にシミやくすみ対策をしたい場合は美白成分も必須と考えましょう

石鹸選びのポイント!

シミやそばかすに効果があるといわれている成分は、主に以下の4つがあります。

  • シミを漂白するハイドロキノン
  • 代謝促進・抗酸化効果のあるビタミンC誘導体
  • メラニン色素を抑制するアルブチン
  • 肌のターンオーバーを促すプラセンタ



評判のよい美白石鹸を成分で比較してみました!

比較 北の達人 お菓子の壽城 長寿の里 健康コーポレーション LASAS

二十年ほいっぷ

赤のとち姫

つかってみんしゃいよか石けん

どろあわわ

ウド石鹸
金額 1,980円
1ヶ月分
1,490円
1ヶ月分
1,890円
1ヶ月分
2,980円
1ヶ月分
2,100円
1ヶ月分
洗顔成分
高級脂肪酸

栃の実

火山灰シラス

沖縄泥くちゃ

石鹸素地
美白成分
北海道ホエイ

プロアントシアニジン

ウドエキス
特徴 くすみ専用。 モンドセレクション2013金賞。 洗顔成分、美白成分とも美白向き。 洗顔成分は美白向きだが、美白成分はなし。 洗顔成分は美白向きが、美白成分はなし。 洗顔成分、美白成分とも美白向き。
美白効果
総評

美白専用!
公式サイト

二十年ほいっぷは、肌のくすみを改善することでトーンを明るくし、シミやそばかすを目立たなくさせる効果のある洗顔料です。

肌がくすんでいると、全体的に暗く見え、シミやシワが強調されてしまいます。
美白成分をぎっしり含んだ濃密な泡で毛穴のくすみを落とし、老け顔を改善することが目的の洗顔料です。

それだけではなく、肌のターンオーバーを促すプラセンタエキスをはじめとした、シミ改善効果のある成分も配合しています。

シミやそばかすだけではなく、お肌を全体的にキレイに見せるのに向いている洗顔料です。

公式サイトをチェック

ビーグレン毛穴用は、毛穴の開き・黒ずみ用とされていますが、非常に美白効果が高い洗顔セットです。

微粒子の天然クレイが毛穴の奥までしっかりと汚れを落としたあと、ビタミンC誘導体が美白効果を促してくれるという相乗効果が生まれています。

ビタミンC誘導体には、シミやそばかすの原因となるメラニンを抑制する効果があります。
また、紫外線による活性酸素の発生も抑制してくれるので、シミ・そばかすにお悩みの方にも効果が期待できる洗顔といえます。

また、ニキビにも効果が高い洗顔なので、そばかすやニキビにお悩みの思春期の方にもおすすめです。

成分の詳細をチェック

デルマQ2は、累計180万本以上も売り上げている人気のピーリング洗顔です。
くすみの原因となる黒ずみや老化角質を落とすことを目的としています。

美白成分としては、アルブチンビタミンC誘導体に注目です。 これらの成分には、代謝促進作用によって、シミやそばかすを薄くする効果があります。

無添加でうるおいにも気を使っており、ピーリング系にもかかわらずマイルドな洗いあがりが人気のようです。

すでにできてしまったシミを薄くするだけではなく、毛穴の詰まりによるくすみも改善してくれる洗顔となっています。

成分の詳細をチェック


まとめ

シミとそばかすの違いはおわかりいただけたでしょうか?
これらは原因こそ違うものの、対策方法は基本的には同じです。

普段からUVカットをしっかりすること、自分にあったシミ対策の基礎化粧品を使うことを心がけ、上手に対策していきましょう。

美白石鹸はなんとなくパッケージで選んでしまいがちですが、自分の肌に使うものなのでちゃんと成分を確認して選ぶことが重要です。洗顔成分美肌成分を意識して自分にあった石鹸を選び、シミやくすみを解消して美肌を手に入れましょう!


人気の美白石鹸ランキング

二十年ほいっぷを体験!

人気の二十年ほいっぷを徹底検証!体験レポートを紹介します。

レポートはコチラ
どろあわわを体験!

人気のどろあわわを徹底検証!体験レポートを紹介します。

レポートはコチラ