トップページ >  美白石鹸の基礎知識 >  敏感肌なら無添加石鹸を選ぼう

敏感肌なら無添加石鹸がいい理由まとめ

敏感肌の人に無添加石鹸をおすすめする理由

敏感肌に悩む方が、最近増えてきています。 少しの刺激でも、お肌が荒れたりかぶれたり赤くなります。
重症になったら、出血したり、膿んできますので、敏感肌の方はお肌のケアには苦戦します。

アトピーや花粉症や皮膚病、ニキビ肌などの敏感肌の方は、自分が使うコスメには気を配らなくてはならないでしょう。
そこで、敏感肌の方は無添加石鹸を使うことをおすすめします。

その理由を解説していきましょう。


敏感肌の悩みの原因は石鹸かも知れない


肌が乾燥する、少しのことが刺激になってヒリヒリしたり赤くなったりする、すぐにニキビや吹き出物ができる、疲れると湿疹が出る。

そういった敏感肌に悩んでいる方は多いと思います。

その原因はもしかしたら、普段使っている石鹸にあるかも知れません。

実際にそれまで使っていた洗顔料やボディソープを無添加石鹸に変えたことによってお肌の状態が改善されたという方は多く見られます。

その理由や原因について考えていきましょう。



石鹸の成分について


まず石鹸は何からできているのかについてご説明します。

簡単に言うと石鹸は、油(油脂)とアルカリの苛性ソーダを混ぜることで起こる化学反応の鹸化を促して作られます。

その他には油(油脂)からあらかじめ脂肪酸を取り出し、そこにアルカリを混ぜて作る方法もあります。

石鹸の洗浄成分は界面活性剤ですが、一般的に利用される食器洗い洗剤、洗濯洗剤のような合成界面活性剤ではなく、自然な化学反応によって生成される界面活性剤です。


身近にある石鹸の全成分表示を見る


石鹸は先に説明したように油(油脂)とアルカリの苛性ソーダこれだけで作ることが可能ですが、実際身近に売られている石鹸の成分を見てみると、カタカナ、数字やアルファベットなどが複雑に並んでいて、まるで難しい化学式のように表示されています。

保存料を入れることで保存性を高めたり、濡れても型崩れをしないようにする成分を添加したり、洗浄や泡立ちを補助する成分を添加したり、色や香りをつけたり、使い勝手の良い製品にするためにさまざまな添加物が使われています。

石鹸は化粧品としてお肌に直接使うものですから、使用感にこだわることは女性の愉しみのひとつでもあります。
ですが、それらはお肌とって本当に必要なものなのかと言うと、そうではありません。


無添加とは何が無添加なのか

昭和40年代に化粧品による健康被害が多発したことから、アレルギーなどの危険性がある102種類の添加物が「表示指定成分(現:旧表示指定成分)」として厚生省によって設定されました。

それ以降、これらの添加物を含まないことで無添加化粧品であるという製品が次々に開発されていますが、実際には102種類以外の添加物が配合されていることがほとんどです。

それらは、指定成分に比べて毒性が弱く、肌への刺激が少ないということで安全とされ、化粧品の安定や防腐の目的で配合されるのだそうです。

引用元:化粧品に含まれる添加物の現状と危険性


私たちが普段「無添加石鹸」「無添加化粧品」などと言うときの「無添加」とはどういう意味でしょうか。

現行の薬事法により、化粧品に使われる成分は全成分表示するようになっていますが、改正以前はアレルギー症状を引き起こす報告の多かった102種類の添加物のみを表示するスタイルでした。

改正以前の表示スタイルだと化粧品の知識がない人でもアレルギーリスクの高い添加物を一目で確認できたのですが、全成分表示の今のスタイルではそれが困難です。

基材となる水、オイル、肌にとって良いものとされる有効成分などと一緒に含有量の多い順番ですべての成分が表示されているので、よほど高度な知識がない限り添加物なのか有効成分なのかを判別することができません。

そこで、「無添加」と商品名に入れたり、パッケージやPOPに「無添加」と表示したりすることで、旧表示指定成分が「無添加」であることをわかりやすく示しています。



敏感肌の人はアレルギーリスクを避ける


敏感肌の人がイコールでアレルギーではありませんが、お肌のバリア機能が一般の人より弱いことから、今はアレルギーではなくても今後アレルギーを発症するリスクが高いと考えていいでしょう。

お肌にとって紫外線や摩擦などの刺激が良くないように、旧表示指定成分のお肌への刺激が積み重なることは敏感肌の人にとってはとても大きなリスクになることを意識しましょう。


不必要なものは使わない


泡立ちがよく、泡がもっちりとして弾力があり、泡切れがよく、香りも色も形も素敵な石けんを見ると、女性なら誰でも使いたくなるでしょう。

しかし、石鹸はお肌を清潔に保つために洗浄するものです。

使っているときにいくら満足していても、洗顔後のお肌がピリピリしたり、赤くなったり、乾燥したりしてしまうのはとても残念なことです。

そういった敏感肌に悩んでいる方は是非、色も形も香りも特別なものではないごく普通のシンプルな無添加石鹸を使ってみてください。

使用感の愉しさを求めるのではなく、お肌にとって本当に必要なものだけを使う、そうやって健康なお肌をキープすることができたら女性としてもっといろんなことを楽しむことができるかも知れません。

敏感肌にお悩みの方は、旧表示指定成分無添加のお肌の洗浄のみを求める無添加石鹸を一度使ってみてください。


無添加石鹸の選び方


敏感肌の方が安心して使うことができる、無添加化粧品もどんどん発売されています。

お肌に優しい有効成分が入っているのかもチェックして、自分が使う無添加化粧品を選んでみたいところです。

しかし実は、「無添加」を名乗るための基準というものはないのが現状。
メーカーごとに無添加や自然派とする根拠は違っています。

有効成分とともに、添加成分も厳しい目でチェックしてみることが大切になります。


敏感肌でも安心して使える無添加石鹸のおすすめ3選


二十年ほいっぷは、保存料、着色料、防腐剤を一切使用していない無添加洗顔石鹸です。

公式サイトで、全成分に対する詳細な説明が見られることも安心できるポイントのひとつですね。

美容成分としては、女優ライトを当てたような美白肌になるくすみ改善効果が魅力的です。
もっちりとした濃密な泡が毛穴の奥の汚れまで落とし、くすみの原因を除去します。

また、北海道のホエイという成分が肌にうるおいを与え、肌内部からくすみをなくす作用も持っています。

肌にダメージを与えることなく、優しく美肌へと導いてくれる洗顔石鹸です。

体験レポと成分詳細をチェック

赤のとち姫は、栃の実をメインに配合した自然派無添加石鹸です。
公式サイトでは、着色料、防腐剤、鉱物油、石油系界面活性剤、エタノール、パラベン、酸化剤不使用の7つの無添加を掲げています。

赤ワインの33倍ものポリフェノールを含んだ栃の実のアンチエイジング効果をはじめ、ヴァージンココナッツオイルによる泡立ちの良さや植物エキスによる保湿力など、自然派の美容成分が魅力です。

多く使われながらも見逃されがちな水にもこだわりがあるようで、日本有数の名水である奥大山の天然水を使用しています。

お肌のくすみや毛穴、乾燥が気になる方にさまざまな角度からアプローチしてくれる無添加石鹸です。

成分の詳細をチェック

どろあわわ どろあわわは、まるで泥パックのような濃密な泡が特徴のどろ豆乳石鹸です。
無香料・無着色・無鉱物油の無添加です。

沖縄産マリンシルトによる汚れの吸着力と、豆乳発酵液をはじめとした成分による保湿力で、くすみのない美肌へと導きます。

10円玉が余裕で乗ってしまうほどのずっしりとした泡で、毛穴の汚れやシミの原因となる角質を奥から吸収。
皮脂を除去して引き締める効果もあるので、毛穴が目立ちがちなオイリー肌の方には特におすすめです。

ただし、成分をよく見てみるとメチルパラベン、プロピルパラベンが含まれていることがわかります。
成分表の後ろのほうにあるためごく少量であると予想されますが、パラベンが気になる方は避けたほうが良いかもしれません。


成分の詳細をチェック

まとめ

いかがでしたか?
敏感肌の方が無添加石鹸を使うメリットがおわかりいただけたかと思います。

もし敏感肌の自覚があるなら、肌に優しく美容効果も高い基礎化粧品を選ぶことが不可欠になってきます。

自分に合った石鹸を見つけて、トラブルがないようにケアを続けていきましょう。


人気の美白石鹸ランキング

二十年ほいっぷを体験!

人気の二十年ほいっぷを徹底検証!体験レポートを紹介します。

レポートはコチラ
どろあわわを体験!

人気のどろあわわを徹底検証!体験レポートを紹介します。

レポートはコチラ