トップページ >  美白石鹸を成分で選ぶ >  美白成分「ハイドロキノン」石鹸

美白成分「ハイドロキノン」の効果まとめ

ハイドロキノンの美肌効果まとめ ハイドロキノンは美白や美肌に効果を発揮する成分で主にしみ・くすみ・そばかすなどの肌トラブルに効果のある成分です。
具体的にどのような特徴を持った成分なのか調べてみました。

「ハイドロキノン」はお肌にできたシミの漂白剤


近年特に注目されている強力な漂白作用から「ハイドロキノン」は、お肌の漂白剤とも言われています。

その美肌効果は、ビタミンCやプラセンタの10倍とも100倍とも言われています。

実はこの「ハイドロキノン」は、美容成分として使われるようになる以前から世界中で使用されていたものです。

イメージしやすいものとしてあげられるのは、フィルム写真の現像の際に使用していた薬品です。

写真の現像作業をしていると手が白くなることから、美白効果が見出され、美白化粧品として欧米で広く使われるようになりました。



イチゴやブルーベリーに含まれる成分


シミを予防するだけではなく、漂白する成分として注目されている「ハイドロキノン」ですが、漂白というと少し怖いイメージもあります。

しかし、イチゴ、ブルーベリー、コーヒーなど私たちが普段から口にする身近な食べ物にも含まれている成分です。

イチゴに含まれる美白成分というと、とても可愛らしい印象です。

しかし、実際の効果はとても強力なため、可愛らしいイチゴに含まれる成分であってもしっかりとした効果が期待できると言えるでしょう。



シミを作る成分を活性化させない


私たちの皮膚は紫外線による光老化や、活性酸素による生理的老化によって角質細胞内でいろいろな活動が活発に起こります。

その結果メラニンが生成されることで日焼け症状がでたり、活性化した細胞が働き続けることで皮膚表面にシミとなって現れたりします。

「ハイドロキノン」はそのシミを作る過程で活性化される部分に作用し、シミを作らせる働きをブロックします。

また、既にできてしまったシミをターンオーバーによって皮膚表面から剥がれるようにすることで漂白します。



化粧品のラインナップ


「ハイドロキノン」配合の化粧品には、さまざまな種類があります。化粧水タイプのもの、クリームタイプのもの、美容液タイプのもの、その他スティックタイプのものもあります。
中には、洗顔料にハイドロキノンが含まれているものもありますね。

また、皮膚科では医師の指導のもと、しっかりとケアしながら美白することもできます。

含有量は1%~5%程度のものが一般的です。

手作りコスメにこだわる人たちの間では、「ハイドロキノン」の原末を購入してご自身で作ることもあるようです。

ご自分のライフスタイルに合わせた使い方ができるものを探してみてください。



副作用の知識を持つことも大切

ハイドロキノンはメラニン色素が作られるメラノサイトそのものの働きを抑制する働きがあります。 そのため、1年以上の長期間の使用によりメラニン色素を作る働きを失った皮膚は、部分的に色が抜け、白斑となる可能性があります。
6%以上の高濃度ハイドロキノンの継続使用、または低濃度でも1年以上長期的に同じポイントに使用すると白斑となる可能性があると言われておりますので、使用の際は十分注意しましょう。

濃度が4%以下のハイドロキノンコスメであれば、一般的な使用状況かで白斑は起きにくいとされています。
※ただし、医師によっては1年以上継続しても問題ないと報告している場合もありますし、実際に白斑になったという症例はいまだ確認されていません。

引用元:ハイドロキノンクリーム -皮膚科で採用されているその効果と副作用|プラスキレイ


強力な美白、漂白作用が期待できる反面、副作用があることもしっかり理解しておく必要があります。 国によって規制は様々ですが、日本では以前は化粧品への使用が禁止されていたり、医師の処方がなければ使用できないこともありました。

1年以上の長期に渡って使用すると、「白斑」と呼ばれる症状がでることがあります。

「白斑」とはメラニンが過剰に抜け落ちてしまうことによって、皮膚の一部が白くなりすぎてしまう症状です。

安全性が高いと言われているのは一般的に含有量が4%以下のものです。

それでも1年以上の長期にわたって使用することはさけましょう。

基本的な連続使用期間は3ヶ月を目安にしてください。

作用が強いということはそれだけ皮膚にとっては刺激、負担をかけることにもなります。

必要以上に怖がるのではなく、正しい知識を持つことで安心して使用することができるのではないでしょうか。



シミやくすみのない美しい肌になりたい


「ハイドロキノン」は以前は化粧品への使用が禁止されていたり、医師の処方がなければ使用できないなどの規制があったりしたので、一般的に皆が使う成分として浸透していないのが現状です。

ですが、強力なシミの予防、漂白効果が短期間で実感できる化粧品という意味では、美を追求する女性にとっては救世主とも言える存在ではないでしょうか。

今はインターネットが発達してさまざまな情報を個人が手に入れることができる時代です。

皆が使っている化粧品を同じように使うだけなく、自らが能動的に情報を活用していくことで、今までは叶わなかった夢のようなお肌への作用を持つ化粧品に出会うこともあります。

美へのステップになることもあるでしょう。



ハイドロキノン入りの基礎化粧品のおすすめは?

ハイドロキノンは、化粧水や美容液だけではなく洗顔料(せっけん)にも使用されていることがあります。

化粧水などよりもピーリング効果が高まるため、お肌の透明感やターンオーバーを整える効果につながります。

ですので、洗顔せっけんの中でも特にピーリング系の洗顔との相性がいいようです。

ここではハイドロキノンが配合された美白石鹸をご紹介します。

ハイドロキノン配合の洗顔料おすすめ2選

ハイドロキノンを配合した人気ナンバーワンのピーリング石鹸です。

ピーリング石鹸で有名なメーカー「サンソリット」が開発しています。

ピーリング成分であるAHA・BHAにハイドロキノンをプラスすることで、くすみへのアプローチをより強固なものにしました。

くすみ肌を透明肌にするためには最適な石鹸と言えるでしょう。

ハイドロキノン2%配合のシミ対策用ソープです。

輸入販売の商品ですが、最新の美容医療の理論から開発されており、医療機関でも販売されている洗顔石鹸であることから安心感がありますね。

まとめ

いかがでしたか?
ハイドロキノンは敏感肌の方には注意が必要ではあるものの、基本的には美白に非常に効果的な成分です。

ぜひ普段のスキンケアに取り入れて、透明肌を目指してみてくださいね。


人気の美白石鹸ランキング

二十年ほいっぷを体験!

人気の二十年ほいっぷを徹底検証!体験レポートを紹介します。

レポートはコチラ
どろあわわを体験!

人気のどろあわわを徹底検証!体験レポートを紹介します。

レポートはコチラ