トップページ >  美白石鹸を成分で選ぶ >  美白成分「大豆イソフラボン」石鹸

美白成分「大豆イソフラボン」の効果まとめ

美白成分「大豆イソフラボン」の効果まとめ

大豆イソフラボンの美白効果まとめ 豆乳の大豆イソフラボンには、お肌の調子を整えることで、 お肌全体を白く、そして明るくみせる効果があるといわれています。
そこで、どのように美肌効果が生まれているか調べてみました。

大豆イソフラボンの6つの美白効果

メラニン色素の生成を抑える


メラニン色素は肌を黒くしてしまう「美白の大敵」ですが、大豆イソフラボンにはこのメラニン色素の生成を抑える働きがあるのです。

これは大豆イソフラボンに含まれている「ゲニステイン」がメラニン色素の生成に必要となるドーパクロムトートメラーゼ(DCT)という酵素の働きを抑える効果があるためです。

DCTがなければ、メラニン色素を形成することはできないのです。

ゲニステインによってDCTの働きを抑えることができればメラニン色素の生成は減少しますので、肌が黒くなってしまうことが防げます。

これによって美白を保つことができるというわけです。



活性酸素を除去する


肌のシミの原因のひとつに、活性酸素による皮膚の老化があります。

活性酸素は殺菌作用を持つなど、体にはなくてならないものなのですが、体内で過剰に生成されると健康な細胞まで傷つけてしまいます。

これによって細胞の劣化を招き、老化の原因になってしまうのです。

これは皮膚にも起こっていることで、紫外線などによって活性酸素が過剰に生成されることで皮膚の細胞を老化させてしまい、シミなどの原因になってしまっているのです。

大豆イソフラボンには、この活性酸素の働きを抑える効果があるのです。

活性酸素の働きを抑えられれば皮膚の細胞の老化を防ぐことができます。

これによってシミができることを防ぎ、美白効果につながるというわけです。


血小板の凝集を抑える


シミを防ぐことはもちろん大切ですが、できてしまったシミに対する対策も美白のためには必要です。

シミはメラニン色素の沈着によって起きるものですが、このメラニン色素を排出するためには肌のターンオーバーを活発にしてやる必要があります。

そして、そのためには肌の新陳代謝をアップさせるため、十分な栄養素が与えられる必要があります。

大豆イソフラボンには、血小板の凝集を抑え、血流を良化させる働きがあるのです。

血流が良化すれば肌に十分な栄養分を回すことができます。これによってターンオーバーが促進され、メラニン色素を排出して美白効果が得られるというわけです。



血中の悪玉コレステロール上昇を抑える


女性ホルモンには卵胞ホルモンと黄体ホルモンの2種類がありますが、大豆イソフラボンには卵胞ホルモンの働きを活発にする効果があるのです。

卵胞ホルモンの働きのうちのひとつに、悪玉コレステロールを肝臓に取り込むのを促進するというものがあります。

動脈硬化が女性よりも男性に多いとされるのは、この働きによるものです。

そして、卵胞ホルモンの働きを大豆イソフラボンによって強めるということは、肝臓への悪玉コレステロールの取り込みをさらに促進することになり、血中の悪玉コレステロール値は下がります。

これによって悪玉コレステロールが動脈に付着することを防ぎ、動脈硬化を防止するのです。

動脈硬化は血流の悪化を招くため、肌のターンオーバーがうまくいかなくなる原因になります。

大豆イソフラボンによって動脈硬化を防止できればターンオーバーが促進され、美白効果が出るというわけです。



コラーゲンの生成を促進する


いくら大豆イソフラボンによって血流を良化できても、肌に必要な栄養素が十分でなければターンオーバーは促進されません。

しかし、大豆イソフラボンにはこの栄養素の生成を助ける働きもあるのです。

肌のターンオーバーのためには体内でコラーゲンが十分に生成されることが必要になってきますが、卵胞ホルモンにはコラーゲンの生成を助ける働きがあるのです。

何度も書きますが、大豆イソフラボンには卵胞ホルモンの働きを助ける効果があります。

卵胞ホルモンの働きが活発になればコラーゲンが十分に生成され、ターンオーバーが促進されるというわけです。


黄体ホルモンの働きを抑える

肝斑の原因は、主に女性ホルモンのバランスにあると言われています。女性ホルモンには卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)がありますが、肝斑は黄体ホルモンのバランスが崩れることによりできると考えられています。

引用元:肝斑の原因と正しいケア方法|スキンケア大学


女性に多いシミのひとつに、頬骨のあたりにできる「肝斑」というものがあります。

肝斑のカギを握っているのは、女性ホルモンのうち黄体ホルモンです。

このホルモンの働きが強くなることで肌が敏感になり、メラニン色素の過剰生成を招いてしまうことが肝斑の原因のひとつです。

大豆イソフラボンには卵胞ホルモンの働きを助ける効果がありますが、これは黄体ホルモンの働きを抑えることにもつながります。

黄体ホルモンの働きを抑えられれば肝斑を防止し、美白につながるというわけです。


大豆イソフラボン入の基礎化粧品のおすすめは?


豆乳ダイエットが一時期流行りましたが、大豆イソフラボンは肌から摂取しても効果があります。
ドラッグストアで洗顔や化粧水などをよく見かけますね。

基礎化粧品に大豆イソフラボンが配合されている場合、特に肌がもちもちになる保湿効果が人気の秘訣になっているようです。

中でも汚れを落とす力が高い洗顔料と組み合わせると、お互いの長所と短所を補いあってより美肌効果が高まることが期待できます。

おすすめの洗顔石鹸の一例を挙げてみましょう。

どろあわわ どろあわわは、泥系洗顔料の中でもトップクラスの人気を誇る洗顔せっけんです。

沖縄産マリンシルトと国産ベントナイトというダブルの泥パワーで、毛穴の汚れやシミの原因となる角質をごっそり吸着してくれます。
ずっしりと美容成分が詰まった濃密な泡も特徴的ですね。

それだけではなく、大豆イソフラボン(豆乳発酵液)やコラーゲンをはじめとした保湿成分もたっぷり配合。
これひとつで、洗顔と保湿の両方を叶えてくれるすぐれものです。

しっかり汚れが落ちるのに、もっちり感のある洗いあがりが人気を集めているようです。

当サイトでも成分調査や体験レポートなど特集しています。

どろあわわの成分調査結果を見る
どろあわわの体験レポートを見る


まとめ

いかがでしたか?
大豆イソフラボンのもつ美容効果の秘密がおわかりいただけたでしょうか。

ホルモンの調子を整えてくれる体に優しい成分でもあるので、ぜひ普段の生活に取り入れてストレスフリーな肌をめざしましょう!


人気の美白石鹸ランキング

二十年ほいっぷを体験!

人気の二十年ほいっぷを徹底検証!体験レポートを紹介します。

レポートはコチラ
どろあわわを体験!

人気のどろあわわを徹底検証!体験レポートを紹介します。

レポートはコチラ