トップページ >  > 洗顔だけで綺麗になれる洗顔料『どろあわわ』を使用してみました!

洗顔だけで綺麗になれる洗顔料『どろあわわ』を使用してみました!

「石鹸」と聞いて固形のものが思い浮かぶと思いますが、『どろあわわ』は練り状です。

『どろあわわ』110gと「シミ肌対策毛穴ごっそりBOOK」が附属されていました。


一見すると少ないかな?と思いましたがマチもあり、ぎっしり詰まっています。マチがあるので自立しますし、容器がプラスチックなのでお風呂場や洗面所といった水濡れのあるところでも気にせず保管出来ますね。


写真とイラスト満載で分かりやすい『どろあわわ』の説明も含めてたっぷり15ページある「シミ肌対策毛穴ごっそりBOOK」。
『どろあわわ』の細かな説明だけでなく、正しい洗顔の重要性・注意点が載っているので使用前に要チェックです!
洗顔で出来るシミ・くすみ対策、毛穴詰まりの悩みを解決する方法も載っているのでお肌のお悩みを洗顔で解決出来るかもしれません。

「シミ肌対策毛穴ごっそりBOOK」で正しい洗顔方法を学んだところで早速『どろあわわ』を使用してみます!

キャップでしっかり密封されています。
ひねって開けるタイプなので最初は開けにくいかな?と思いましたが、中身の乾燥を防ぐと同時に中に水が入ってしまうありがちなミスも未然に防げるので逆に良いのかもしれません。
キャップ自体も固くて開かない!というようなことも無く、すんなり開けることが出来ました。
更に、液体だと片手に出したらその手は使えず片手で慌てて閉めなくてはいけませんが、『どろあわわ』は練り状なので片方の手のひらに出した状態でも零れず、両手を使ってゆっくり閉めることが出来ます。


「適量」を手に取り...ということなので写真の量を出してみました。
が、結果としては出し過ぎでした!
練り状なので少し力を入れて出し過ぎてしまったようです。


先程の半分くらいで丁度良いです。

『どろあわわ』本体の後ろに「泡立てネットを使用すると簡単に泡が作れます。」とあったのでまずは泡立てネット無しで泡立ててみました。


泡立たないことも無いのですが元が練り状ということもあり手のひらだけで泡立てるのは少し疲れてしまいます。

そこで泡立てネットを使用して泡立ててみました。
ここでポイントなのは泡立てネットに水分を多めに含ませることです。
すると真っ白でもっちりと弾力のある泡を作ることが出来ました!


たっぷりとした泡なので直接肌をゴシゴシと擦らなくても十分に洗顔されていることが実感できます!
洗い流すとたくさんあった泡が一気に洗い流せてさっぱりしました。
流しても肌にべたつきが残って泡が流れにくいということもよくあるので洗顔後すぐにさっぱりとして感覚になれるのは嬉しいです。
さっぱりしただけではなく洗顔後の肌はもっちりと保湿されていて、その後の化粧水の浸透も良くなっているように感じました。

『どろあわわ』が練り状の「泥」なのはなぜ?

それは『どろあわわ』が家族みんなで使える石鹸を目指しているからなんですね。
まず必要なのはもちろん「洗浄力」と肌のダメージを軽減する「弾力泡」、そして肌に優しく大人から子供まで使用できる「自然派素材」それも国産のものです。


そこで行き着いたのが沖縄にある「マリンシルト」という泥でした!
この「マリンシルト」「ベントナイト」という泥、更に保湿力を高める「豆乳発酵液」を加えて完成したのが『どろ豆乳石鹸 どろあわわ』なんですね。



数年前までは「泥」と聞くとあまり良いもののように思えなかったかもしれませんが、現在では「美容に良い泥」として一般的に認知されて大人気です。
安いものから高いものまで、種類もたくさんあってどれが良いのか困ってしまっている方に、安過ぎず高過ぎず、知名度もある『どろあわわ』をおすすめします。

『どろあわわ』は110gで約30回分(税別2,980円)ということですが、泡立てネットを使用して少量でたくさんの泡を作れば30回以上使用出来そうなので、まずは1パックを毎日使ってみて今まで使用していた洗顔料と比較してみてはいかがでしょうか。

人気の美白石鹸ランキング

二十年ほいっぷを体験!

人気の二十年ほいっぷを徹底検証!体験レポートを紹介します。

レポートはコチラ
どろあわわを体験!

人気のどろあわわを徹底検証!体験レポートを紹介します。

レポートはコチラ