更新日:2018/10/23

洗顔石鹸の美白力は、「洗顔成分」×「美白成分」で決まる!

洗顔石鹸の美白効果は、
   肌の汚れを落とす「洗顔成分」
   肌を白くする「美白成分」
で決まります。

洗顔石鹸の「洗顔成分」で、美白効果をチェック!

美白には、肌のターンオーバー周期を早めること、毛穴の汚れをきっちり落とすことがポイントです。洗顔石鹸が美白向けかどうかは「洗顔成分」をチェックしましょう。

美白のための洗顔成分は、よく汚れが落ちるものを選ぶ

美白洗顔には、よく汚れが落ちるものが◎。きめが細かいクレイや、純粋な洗浄剤の石鹸素地がおすすめです。洗浄効果が弱いものより、毛穴の汚れをよく落とせるものが美白向けの洗顔料といえます。


洗顔石鹸の「美白成分」で、美白効果をチェック!

毛穴の汚れが取れた直後は、肌への吸収率がいいので、洗顔石鹸の「美白成分」が含まれているかは重要です。洗顔石鹸が美白向けかどうかは「美白成分」をチェックしましょう。

美白のための美白成分はコレ!

知られている美容成分として、プラセンタ、ハイドロキノン、フラーレン、ビタミンC誘導体、アルブチン、植物エキスでは、ウドエキス、カモミラエキス、大豆イソフラボンが効果的です。



人気の美白石鹸を美白成分・洗顔成分と効果で比較しました!

洗顔石鹸しだいで、肌のくすみが改善するかどうかが決まります。美白には、洗顔石鹸の賢い選択が重要です。

洗顔石鹸を美白の観点で比較するポイントは、洗顔成分と美白成分の良し悪しです。特に洗顔成分は、毛穴の奥まで洗浄できるくらい粒子がミクロであるかがポイントです。ここではミクロ粒子のクレイ系やくちゃの人気洗顔石鹸を取り上げて、美白度を徹底比較してみました。

洗顔石鹸(ピーリング以外)の美白効果を比較

比較 ビバリーグレン 長寿の里 健康コーポレーション LASAS 北の達人

ビーグレン(毛穴用)

つかってみんしゃいよか石鹸

どろあわわ

ウド石鹸

二十年ほいっぷ
金額 1,890円
トライアル10日分
1,890円
1ヶ月分
2,980円
1ヶ月分
2,100円
1ヶ月分
1,980円
1ヶ月分
洗顔成分
天然クレイ

火山灰シラス

沖縄泥くちゃ

石鹸素地

高級脂肪酸
美白成分
ビタミンC誘導体

ウドエキス

北海道ホエイ
特徴 洗顔成分、美白成分とも美白向き。 洗顔成分は美白向きだが、美白成分はなし。 洗顔成分は美白向きが、美白成分はなし。 洗顔成分、美白成分とも美白向き。 くすみ専用。 モンドセレクション2013金賞。
美白効果
総評
ふつう…

うーん…

うーん…

ふつう…


美白専用!
公式サイト


洗顔石鹸の美白効果 総合ランキング

順位 商品名 洗顔成分
美白成分
商品詳細詳細

924点
二十年ほいっぷ
[洗顔成分]
高級脂肪酸

[美白成分]
北海道ホエイ
美容のプロが選ぶくすみ用石鹸NO.1
美容部門でモンドセレクション2013金賞を受賞した「くすみ専用の洗顔石鹸」北海道のナチュラル美容成分「ホエイ」でくすみが徐々にすっきり。人気中のくすみ用洗顔石鹸です。
二十年ほいっぷ

884点
どろあわわ
どろあわわ
[洗顔成分]
海泥マリンシルト

[美白成分]
大豆イソフラボン
海泥マリンシルトでくすみ改善
マリンシルトの細かな微粒子がなかなか落としきれない皮脂汚れや毛穴の黒ずみを落としてくれます。
どろあわわ

783点
あきゅらいず美養品
[洗顔成分]
石鹸素地

[美白成分]
草根木皮
シンプルケアで、肌本来の美しさへ
東洋ハーブエキスを使用。肌に本当に必要な成分だけを使い、どんな肌質の人でもすっぴん美肌に導きます。
あきゅらいず美養品

624点
ビーグレン(毛穴用)
[洗顔成分]
天然クレイ洗顔

[美白成分]
ビタミンC誘導体
毛穴ケアで美白といればコレ
ビーグレンの毛穴の開き・黒ずみ用は、洗顔効果・美白効果とも大きい実力派。クレイ洗顔とビタミンC誘導体の効果が透明肌に!
ビーグレン(毛穴用)

洗顔石鹸で本当にシミを薄くできるの?

女性なら誰もが気になる顔のしみですが、最近ではどんどん紫外線の量が増えてきておりきちんとした対策が求められています。
でも若い頃に日焼け止めを塗らずに海に行って遊んでしまったとかの理由でもうなかなか消せないと思っているしみがあるかもしれません。
または毎日のしみ対策が追いつかなくて最近、しみが増えてきているように感じるという方もいらっしゃるでしょう。

そのようなしみは洗顔で薄くする事ができるのでしょうか?
答えは「できる」です。

もちろん一度の洗顔で消しゴムで消したようにしみをなくす事はできませんが、継続的な努力と良い洗顔石鹸を使用する事によってできます。

なぜそのように言えるのでしょうか?
なぜならしみは皮膚についた色素沈着です。
それで皮膚のターンオーバーを洗顔によって促進してあげる事によってシミを薄くすることができるのです。

そのようなしみは古い角質として残っていますので洗顔によってその角質を取り除いてあげる事ができるのです。

また洗顔によって肌の血行促進をする事ができます。
肌の血行が促進されて肌の回復リズムが正常になっていけばいくほどきれいな肌が出現してきますのでだんだんとしみが薄くなっていく事を実感できるでしょう。

シミ・くすみに一番簡単な方法

 
女性にとってシミやくすみは、いつの時代も変わらず、深刻な悩みです。 高額な美白美容液やさまざまな美白アイテム、さらにはエステに通っている人も大勢います。 ただし、これらを駆使しても必ずしも美白になれるとは限らないのが現状です。

そこでおすすめのシミ・くすみ対策は美白用石鹸を使うことです。 毎日の朝晩の洗顔時に美白に効果がある石鹸を使うという手軽な方法なので面倒臭がりな人でも続けられますね。 美白用石鹸にはいろいろなタイプがありますが、最も求められるのは保湿性とターンオーバー促進作用。

まず、保湿性について説明しましょう。 美白に欠かせないのはお肌を乾燥させないことで、潤いのあるお肌はメラニン色素を抑制する作用があるのです。 紫外線などの刺激は、乾燥肌ほど強く受けるといわれているため、十分保湿されていれば、メラニンの生成量も減るというわけです。 シミやくすみの原因はメラニン色素が過剰に生成されることなので、保湿ケアができる石鹸はとても効果があります。

そして、ターンオーバー促進作用については、植物エキスやピーリング効果が得られる石鹸を選ぶこと。 お肌の新陳代謝を高め、古い角質をはがし、お肌の生まれ変わりを早めることは、 シミやくすみの予防だけではなく、今あるシミの改善にもなるのです。 美白用石鹸を選ぶ時は、保湿と代謝アップの成分に着目し、できるだけ刺激が少ない植物由来で無添加のものがおすすめです。 ただし、即効性があるわけではないので、毎日使い続けることで少しずつ効果が得られるということを認識しておきましょう。


洗顔石鹸+ピーリング石鹸で効果倍増?

美肌のために正しい洗顔は欠かせません。それでその洗顔のためにいろいろな洗顔石鹸を試してこられた方が多いでしょう。
ではピーリング石鹸はどうでしょうか?その効果にはどのようなものがあるでしょうか?

まずピーリング石鹸について詳しく知っておく必要がありますが、ピーリングという言葉に聞き覚えがある事でしょう。
皆さんがキッチンで使っておられる道具の一つに関係しています。それは野菜の皮をむく道具の事、ピーラーです。

それでイメージしやすいかもしれませんが、ピーリングというのは、何かを剥くという意味があります。
それで肌に例えてみますと古い角質などを取り除き、きれいな肌の状態にするということです。

それでニキビの跡のでこぼこした肌を綺麗な状態に整える効果があります。
またにきびが出来やすい人にもおすすめで、古い角質を落とし、余計な油分を取り除く事によってにきびを予防することができます。

また美白やくすみ対策にも効果があります。
なぜならピーリング石鹸は古い角質を取り除き、肌を新しい状態にするようにうながしてくれるからです。

その効果によって肌はいつもきれいでやわらかい状態に保たれますから、毛穴が目立たなくなりますし、つるりとした肌を目指す事ができます。

洗顔石鹸と洗顔フォームの違い

普段何気なく使っている洗顔石鹸と洗顔フォームですが、実は見た目の形状以外にも大きな違いがあります。
根本的な違いとしては、先ずは配合されている成分に大きな違いがあります。
今回は洗顔石鹸と洗顔フォームの違いについてご紹介いたします。

まずは洗顔フォームの特徴から見ていきましょう。洗顔フォームの最大の特徴は、合成界面活性剤という脂汚れを落としやすくする成分が含まれています。
そしてこの合成界面活性剤ですが、お肌にはあまりよいとはいえません。
何故かというと、洗浄力が必要以上に強くなってしまうので、肌に必要な保湿成分まで洗い流してしまい、結果肌に大きな負担をかけてしまうのです。

一方で洗顔石鹸はといいますと、石鹸には合成界面活性剤の変わりに、脂肪酸ナトリウムや脂肪酸カリウムといった天然の界面活性剤が使用されています。
そのため洗浄力は洗顔フォームに比べると弱まるものの、肌に必要な保湿成分まで洗い落とすことは無く、お肌にとって負担が少ない洗顔料だといえます。

洗顔石鹸は使用後に肌がつっぱる感じがするため、かえって汚れを落としすぎて肌に負担をかけているのではないかと勘違いされがちですが、これはもともと弱酸性である肌がアルカリ性に傾いているために生じている現象です。
肌には自然と肌の状態を弱酸性に中和する機能が備わっており、これは肌にとって自然な反応であるため問題はありません。

はっきりいって、肌負担の大きい洗顔フォームをつかっている人はやめたほうがいいです。 最近の美容系の洗顔石鹸には、肌に負担をかけない洗顔成分に加えて、肌のコンディションを整えたりシミくすみを薄くする成分も入っているので、もう一歩さらに肌を改善したい方には向いています。

くすみに効果がある洗顔成分

年齢を重ねるに連れて肌に明るさがなくなってきたと感じる方がおられます。
そのような方のほとんどは肌のくすみで悩んでおられます。
ではくすみ対策を洗顔でする際にどのような洗顔成分が含まれている石鹸を選べばよいのでしょうか?

まず最初にプラセンタという成分です。
この成分はサプリメントとしても売り出されていますが、洗顔料としても使う事ができます。

プラセンタの効果は「回復させる」ということにあります。ですから古い角質を柔らかくして、取り除く効果があります。

肌のくすみの原因の一つとして肌のターンオーバーがうまくいっていなくて古い角質が取り除けていないということがあります。
人間の肌は常に新しく入れ替わっていますからその入れ替わりをプラセンタを通して速めてあげることができるのです。

他にもくすみに効果がある成分として酵素が入った洗顔石鹸があります。
酵素はどのような働きをするのでしょうか?
酵素には分解して、消化、吸収する効果あります。

それでくすみの原因となっているタンパク質をこの酵素によって取り除く事ができるのです。
また酵素は私達の体の中にもある物質ですから、肌を必要以上に傷つけることなく、肌のを良い状態を保つことができます。

洗顔石鹸の美白度を徹底比較しました!

「ピーリング石鹸」の美白効果を徹底比較

ピーリング石鹸の美白度を徹底比較します。一番美白効果の高いピーリング石鹸はどれ?

「ピーリング石鹸」の美白効果を徹底比較!詳細はコチラ
「洗顔石鹸」の美白効果を体験レビュー

美白専用の洗顔石鹸を体験レポートしました!ホントに白くなるの?

「洗顔石鹸」の美白効果を体験レビュー!詳細はコチラ


「美白と石鹸」の関連サイト

「美白と石鹸」に関係するサイトはこちらです。
   フェイスマスクを成分で比較おすすめ
   ピーリング石鹸で比較おすすめ


人気の美白石鹸ランキング

二十年ほいっぷを体験!

人気の二十年ほいっぷを徹底検証!体験レポートを紹介します。

レポートはコチラ